指圧とマッサージの効果

指圧とマッサージの効果

指圧は指でツボを押して皮膚機能の活性化、内臓の機能回復など、さまざまな効果を得られる方法です。マッサージに似ていますが、マッサージは肌をなでる方法で指圧はツボを指で押す方法です。この点が違います。

マッサージの風景

ツボを押すと血行がよくなります。血液の流れが悪いと老廃物がたまって痛みにつながります。肩こりや首こりは血液の流れが滞ることが原因です。長時間のデスクワークなどで肩がこってつらい方は多いと思います。指圧をすることで流れがよくなり、つらい肩こりや首こりを軽減できます。老廃物が流れて疲労回復作用もあります。血液の流れがよくなると内臓の働きもよくなります。内臓は血液から酸素や栄養をもらって活動しています。酸素や栄養がもらえなくなると機能低下を起こし、消化不良、胃痛、便秘などの不調につながります。血液が体の隅々に行き届くようになると、内臓が元気になり便秘などが解消されやすくなります。

ツボには食欲を抑えるもの、代謝を上げるものなど、さまざまな効果があります。食欲は抑えようと思っても意志で抑えるのは難しいです。ツボを押すことで楽に食欲を抑えられることが期待できます。ダイエットをサポートします。血行促進効果が代謝がよくなり、やせやすい体になることも期待できます。